【お金を借りる系の裏技】超短期で利息0を活用する。楽天銀行の無料引き出し回数を無制限にする。Vポイント(Tポイント)を現金化する。

ポイ活、裏技系

利息0円にする方法

銀行やクレジットカードなどローンには基本的に14~18%程度の利息が発生するのですが0にできるという話。

利息0は仰々しいですが至ってシンプル。お金を借りると基本的に日付を跨いだ時点で利息が発生するので当日までに返済すれば利息0なわけです。端的に言えばそれだけ。

まあそんなことをするユーザーばかりだと貸している方は利益が出ないので基本的に当日は返されないように面倒なシステムになっています。クレジットカードのキャッシングなんかはサポートの説明では当日に返済した場合利息0円だと説明されますが、実際は返済する際は電話やwebページのフォームから申請して、後日送られてくるメールに記載されている振込先へ送金したり。電話なら当日返済一応できるのだけれど毎回電話するのは面倒すぎる。

ですが簡単に当日返済可能な銀行もあります。

  • みんなの銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

基本的にネット銀行ですね。借入から返済までアプリの操作だけで可能です。

普通は当日返済ってどういう場合に使うん?って感じだと思いますけど、資金移動の効率化に使えます。1つ実例を挙げるなら、私は投資をしているので証券会社同士の資金の移動で一時的に借りることが多いです。証券会社Aから証券会社Bへ資金の移動をする場合。

通常時
22時に証券会社Aで出金申請→翌朝9時に銀行口座に着金→証券会社Bへリアルタイム入金

資金の移動が完了するまでに11時間かかっている。
銀行の借入を利用した場合
22時に証券会社Aで出金申請→0時01分に銀行から借入→証券会社Bへリアルタイム入金

合計2時間と1分。

このように資金移動時間の短縮が可能。銀行の借入を利用した場合2時間1分ですが、これは午前0時を過ぎるまで待っている時間なので、0時過ぎに資金移動をする場合待機時間はほとんどありません。

住信SBIネット銀行

みんなの銀行

楽天銀行

私の実際の明細です。借り入れと返済額が全く一緒で利息が一切掛かっていません

楽天銀行の無料ATM引き出し回数を無制限化する。

楽天銀行は通常、無料で引き出しできる回数が決められていてそれ以上引き出すと手数料が掛かってきます。楽天銀行ローンを利用してこれを回避します。

手順としては、楽天銀行カードローンをATMを利用して現金で引き出し→すぐに楽天銀行アプリからカードローンの返済をする。

通常は250円くらいかかる手数料がこれで手数料0円で引き出しができます。カードローンでATM引き出しをする時も手数料0円、ローンを当日返済で利息も0円です。これは本当に使える裏技なのですがほかの人が紹介してるの見たことないんですよね。使ってるの私だけ?

Eleanorちゃん
Eleanorちゃん

普通の人はそんなに頻繁に引き出さないわよ・・

住信SBIネット銀行のVポイント支店を利用して、Vポイント(Tポイント)を現金化する方法。

住信SBIネット銀行のVポイント支店にはカードローンを返済するときにVポイントで返済できます。

2万円借入→当日に随時返済から全額返済→Vポイントで返済を選択

1回の借入でVポイントで返済できる上限が2万円なので、それ以上現金化したい場合は何回も借入、Vポイント返済を繰り返せば可能・・だと思いますが、これに関しては私は未実証なので自己責任でお願いします。正直Vポイントはポイントとして使う方がお得です。ウェル活とか。ソラシドエアマイルへ交換して2倍に増やしたり。まあ一応こういう方法もあるよってことで。

※これから銀行口座開設される方は紹介コードを入力していただきますと1000円程度お得ですので是非。

みんなの銀行。口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

公式サイト:https://web.minna-no-ginko.com/about-us-others
ダウンロード:https://app.adjust.com/2tho638
紹介コード:NcctUNwj

口座開設後、支店選択・ATM暗証番号入力後に紹介コード入力画面が表示されます。

楽天銀行。紹介コードの入力で期間限定ポイントが1200ポイントもらえます。

わたしの紹介コード【P09554528】を口座開設申込の際に、申込フォームの「紹介コード」入力欄に入力して口座開設を行ってください。

口座開設はネットで簡単に最短3分からお申し込みできます!

▼紹介コードの使い方はこちら▼
https://www.rakuten-bank.co.jp/rd/app/introduction_code/s001.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました